WiMAXのキャッシュバックキャンペーンを比べてみる

WiMAXをリーズナブルに契約するためには?

インターネットの利用が普及・拡大して、10数年と経過しますが、私たちの生活の中では欠かすことのできない情報通信インフラになっています。

インターネットを使う時には、自宅では光回線、外ではLTEなどの無線公衆回線、あるいはWi-Fiといったようなメニューがあります。

しかし、外でモバイルインターネットと使う時には、LTEのようにデータ使用制限があることから、WiMAXが非常に有効な 通信手段として注目されています。

WIMAXはプロバイダーが様々で、契約内容や違約金・更新月も違います。それぞれ時期によっては、お得なキャンペーンをやっているので、それを利用して安く契約しましょう。

まずはUQWIMAXは、WIMAX本家と言われており老舗です。現在はキャッシュバック金額が3000円の商品券です。契約月の翌月までにもらえるので、「時間が経ってからのキャッシュバックは忘れそう」と心配な人にはいいです。しかし、お得さでいうとあまり安くはなりません。

ちなみにWIMAXはどこのプロバイダーでも、auユーザーはさらにお得に利用できます。スマホや携帯プランで指定のものを選んでいる人ならば、au利用料金の方から最大934円の割引が適用される「auスマートバリュー」があります。auユーザーはプランがあっているなら利用しましょう。

次のプロバイダはso-netです。いつもキャッシュバック金額が高めで、ユーザサポートが良いと人気です。現在は25000円となかなか高額です。

キャッシュバック時期は13ヶ月目の15日に、案内メールがくるのでそれからの手続きになります。今ならセキュリティソフト12か月無料も、同時申込みでついてきます。

DTIはキャッシュバック金額28000円で一番高く、契約から11か月後に手続きできます。安心サポート2か月分が無料です。

BIGLOBE WIMAX 2+は20000円のキャッシュバックか、21600円相当のGポイントか選べます。ただし、23カ月間の利用を確認後、アンケートに記入し、初めて受け取れます。そしてデータ端末代は19200円かかります。

かかった分は月々800円を24か月間の間、WIMAXの料金から差し引いてくれます。他社プロバイダは元々0円としているので、少しややこしいですが、端末代金が0円で月の使用料金がBIGLOBEと変わらないのであれば、他社プロバイダーの方が安いです。

PEPABOは現在キャッシュバックとタイムセールを両方行っています。キャッシュバックは28000円で、11ヶ月目に銀行口座を登録して、受け取ります。タイムセールのプランはキャッシュバックのプランよりも、月の使用量が849円安いです。

手続きが面倒という人や、毎月の料金を安くしたい人にはお勧めです。金額にすると、24か月で更新なので849×24か月で20376円分安くなります。 楽天会員の人は楽天の買うクーポン購入でWIMAXのお得なプランの利用ができます。モバイルルーターのスペックもありますが、W01という機種にすると一番安いです。キャッシュバックはありませんが、月の利用料金もかなり安いです(開始月から3ヵ月2160円/月)。楽天の割引1000円分のクーポンもついてくるので、楽天会員さんは楽天クーポン購入が一番安く契約できます。

キャッシュバックと月のWIMAX利用料金でみると、現在安いのはPEPABO WIMAXです。ただし他のプロバイダーも会員で割引があったり、ポイントがついたりしますので、総合的にどこがお得か判断するのが一番かと思います。

WiMAXのキャッシュバックに関しては、こちらのサイトに詳しくまとめて書かれています。

WiMAX キャッシュバック 比較